今日の犬ごはん

穀類を入れるかどうか悩みつつ、手元にあるのは穀類も勧める本ばかりなので、引き続きおじや中心でいくことに。生食を勧める本を読んだ時点でまた考えることにした。
手作りを始めて次々増えた本は現在3冊。
『ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん』(須崎恭彦著)
 おじやを中心に、日常的に作れるレシピ。一番基本。
『愛犬の健康を考えた手作りレシピ』(櫻井雄司著、中山裕之監修)
 フレンチのシェフが書いているだけあって、オシャレな料理が犬用も一緒にできるという感じ。日常的なご飯レシピも載っている。カロリーの目安あり。
『キッチンドッグ パーフェクト50レシピ』(南村友紀著)
 あのキッチンドッグのレシピ。日常的に作るには時間と慣れが必要???

キッチンドッグレシピは休日とか時間がないと作れない。ちょうど雨で出かけられないので、朝から参考に作ってみた。クスクス1/8カップを野菜の茹で汁でふやかして、パプリカ、茹でたアスパラ、すりおろしたニンジン・大根(リンゴ酢で和える)と混ぜたもの。クスクスも犬ご飯に使えるとは知らなかった。
が、パプリカを真っ先に咥え、食べずに出してしまう。これは食べない時のパターン。慌ててかつお節を振りかけると完食。
b0069169_235043.jpg


食後はダラダラと一緒にごろ寝。たまにはこういう休日もいいかも。
ところが8時頃、夕ご飯直前に胃液を吐いた。運動もしていないのに9時前に吐くなんて。ちゃんと分量を考えたつもりなのに、朝ご飯の量が少なかった。反省。

夕飯はキッチンドッグの本にあったCHIKI CHIKIとコールスロー。
b0069169_272034.jpg

鶏肉から真っ先に食べ始め、ちょっと怪しみながらも完食。

今日から食材を細かく切ったままあげるようにした。消化されずに出てきたら次回からすりつぶす。食材のカタチがある分、クルトは慎重になった。なぜか一番安心して食べるのが、食べなれたドッグフードのような気がする。普通「手作り食にしたら、見違えるように食べるようになりました」とか聞くのだけれど?
手作りにして間もないことだし、バラエティーに富んだメニューよりも、同じ食材を続けた方がクルトには安心なのかな?
[PR]
by yumi-culto | 2006-01-14 23:39 | 食べもの


【クルト:♂2004.3.29.生】 イタリアングレーハウンドのクルトと 一緒に 「犬のいる生活」 を楽しんでいます。クルト中心に日々の暮らしを気ままに書いています。


by yumi-culto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

フィラリア予防薬(HDU)
at 2013-05-17 23:36
河川敷散歩
at 2013-02-11 23:22
わんこのパン
at 2013-02-10 22:49
雨の日の訪問活動
at 2013-02-06 23:31
イタグレと鉄板焼き
at 2013-01-26 23:14

以前の記事

2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

カテゴリ

全体
つれづれ
トレーニング
アニマルセラピー
食べもの
犬用品
手作り
健康
旅行
ドッグラン
お出かけ

タグ

(153)
(133)
(124)
(63)
(47)
(24)
(22)
(18)
(15)
(12)
(9)

フォロー中のブログ

No Reggae No...
Life is ・・・
carino vita
名 誉 と 遊 姫
ワンと私のイタリアンな日々
寄り合い所
Step by Step
イタリアン・グレーハウン...
わんぱくジュピター
Healing Life...
*ポキマガ* poqui...
ferme & miryuu
犬ばっかじゃん 第2章
ジーク☆ジーク☆ジーク!
Rosso Arietta
saku-ra色の日々
イタグレ ルビーの日記 ...

その他のリンク

検索

その他のジャンル

画像一覧