タグ:CAPP訪問活動 ( 47 ) タグの人気記事

CAPP訪問活動

クルトと一緒にJAHAのCAPP訪問活動。

 * 参加者:獣医師1名、ボランティア9名、見学1名
 * 参加した犬:9頭
 (ゴールデン、ボーダー、Mダックス2、シーズー2、ポメラニアン、柴犬、イタグレ)
 * 利用者:30名

進行は・・・
まずボランティアが一人ずつ輪の中で犬の紹介。
その後全員で輪の中に入り、個々に撫でたり抱っこしたりと触れ合ってもらう。
終了前にそれぞれの犬たちの一芸披露。クルトは「ターン」と胸元に飛び込む「ジャンプ」。
その後全員で輪に戻り、お誕生日の人にお祝いの歌を歌い、最後にもう1曲歌って終了。
全部で40分弱。


◎ 初めに全員で輪の中に入る時、均等に配置するように右から順番に並んだ。
一度並ぶと、その後は空いているスペースがないようにそれぞれ気をつけながら動けたように思う。みんなと逆の方向へ動く時もあったけれど、犬たちが一か所に集まらないように、他の人がカバーしてくれた。


◎ 犬たちが並んで近づきすぎてしまった時は、膝の上で丸まる時の頭の位置に注意。
お互いが反対方向を向くようにしていると、それほど気にはならないみたい。


◎ 輪から離れて座っていたのは、犬嫌いなのではなく、目が不自由な人だった。側についていた職員とボランティア(人のみ参加)が助けてくれ、できるだけクルトの様子が分かるように話すように心がけた。そっと手を誘導するとか、もっと工夫できると思う。


◎ クルトは相変わらず膝の上で寛ぐ。じっと顔を見つめたり、なかなかいい反応。




終了後は初めての公園を散歩。6月14日からあじさい祭りがあるらしい。
緑が多い公園内。平たい草地もいくつかあった。
b0069169_23455853.jpg


せせらぎ公園という名前の通り。いたるところに湧水が流れていて、小さな滝もあった。
b0069169_23493382.jpg


タイヤの再利用場所?なぜ大量のタイヤが???
b0069169_23502166.jpg


そのまま足を延ばして河川敷のお散歩コースへ。
久々の超ロング散歩。飼い主はすっかり足が疲れて座りこんでいたら、クルトまで。。。
やっぱり運動不足かな。

合流したノノちゃんと。
b0069169_23521753.jpg
b0069169_23523186.jpg



次回は10月。クルトお疲れさまー。
久しぶりのヘソ天。
b0069169_1038068.jpg

[PR]
by yumi-culto | 2009-06-03 23:10 | アニマルセラピー | Comments(2)

手紙

先日、CAPPの訪問活動として小学校のAAE活動にクルトと参加した。
(→ 初めてのAAE 小学校訪問
小学校の授業の一環として、1,2年生に犬との触れ合い方を考えてもらった。
私が担当したグループでは、「散歩中の犬を撫でさせてもらう」というシチュエーション。
飼い主さんとのコミュニケーション方法や、犬の撫で方を考え、みんなの前で発表した。

そして昨日、担当したグループの子供たちから手紙が届いた。
さっそく散歩中の犬を撫でさせてもらって、仲良くなれそうな犬と出会ったらしい。
何度も書き直したあとがあり、一生懸命書いた様子が分かるような手紙もあった。
どの手紙のメッセージも嬉しい。AAEもいいものだなぁと思った。
手紙は大事にとっておこう。
b0069169_15354439.jpg

[PR]
by yumi-culto | 2009-04-21 15:42 | アニマルセラピー | Comments(6)

人数のバランス

年度初め早々に、クルトと一緒にJAHAのCAPP訪問活動。

 * 参加者:獣医師1名、ボランティア9名、見学3名
 * 参加した犬:11頭
 (ゴールデン、ボーダー、Mダックス2、シーズー2、ポメラニアン、柴犬、パピヨン、イタグレ2)

進行は・・・
まずボランティアが一人ずつ輪の中で犬の紹介。
その後全員で輪の中に入り、個々に撫でたり抱っこしたりと触れ合ってもらう。
それからそれぞれの犬たちの一芸披露。クルトは「ターン」を披露。
全員で輪の中に戻り、皆で歌を歌い終了。全部で40分弱。

訪問先のデイケアセンターでは、お散歩とCAPPの訪問活動と両方のプログラムを用意し、
利用者の方に好きな方を選択してもらっている。今回はお花見に重なり、CAPP参加は少なめ。
逆にボランティアと犬の参加ペアは多かった。これは昨年と同様で想定内。
利用者が多く参加犬が少ないと、犬の負担が大きくボランティアも疲れてくる。
逆に参加犬が多くボランティアも多いと、1人ずつゆっくり話せるし負担も少なくて気分的にも楽。

と、思っていたのだけれど。
なんだか今回は非常に疲れた。いつもと同じように会話をして、クルトを抱っこしてもらい、
一緒の写真を撮って・・・なのになぜ? クルトも同じように疲れたようで、最後の方は抱っこを嫌がる。
ふと我に返って入口を見ると、休憩しているペアが何組も。皆さんも同様に疲れたようで。。。


◎ 一芸披露は「ターン」と、胸元に飛び込む「アップ」を自主的に。
コマンドは「くるくる~」に変えてみた。クルトはハンドシグナルに反応するので、コマンドの影響はなし。
「ターン」というより響きが可愛くていい。次回からも「くるくる~」にしよう。


◎ 反省会でも疲労感が問題に。この施設は人数のバランスもよく、やりやすかっただけに不思議。
椅子の配置とか、参加犬が多い場合は交替制をとってはどうか?などの意見があがった。


終了後はドゥマルままとイタグレたちの慰労会。(アマルくんはお留守番の慰労ってことで・・・)
たっぷりストレス発散をさせたかったけれど、あいにく雨がぽつぽつと。
早々に切り上げて、飼い主たちの慰労会に変更になりました☆

東屋で雨宿り中に大好きなシャガと記念撮影。
b0069169_17254064.jpg


ドゥマルままの案内で久しぶりの vector (全席犬OK)へ。
疲れた時は、甘~いものを補給しないとね。
b0069169_17393170.jpg


まだまだ学ぶことの多い訪問活動。今年度も地道にがんばります。
[PR]
by yumi-culto | 2009-04-01 23:52 | アニマルセラピー | Comments(0)

初めてのAAE 小学校訪問

CAPPの訪問活動。今回は初めてのAAE活動。
AAEとは Animal Assisted Education の略で、動物介在教育という。小学校等に動物と共に訪問し、子供たちに動物とのふれあいを通して相手の立場になって考えるという優しい気持ちを育てるのが目的。
今回の学校では、年に2回のプログラムを実施していて今日は2回目。各グループごとにテーマに沿った発表を行うため、1回目は犬とのあいさつの仕方を見てもらい、ふれあいが中心。2回目の今日はテーマの発表練習と実際の発表。

 * 参加者:19名
 * 参加した犬:16頭
 * 参加した生徒:小学校1,2年生 70名弱?

私が担当したのは、「広い場所で散歩の犬に会いました。触ってもいいですか?」
もう1人のボランティアと6名の生徒を担当。相手の方は1回目も参加していたので頼り切ってしまった。そして生徒たちもポイントを押さえた対応ができていたので、1人ずつおさらいしながら、なでたり一緒に歩いたりと触れ合い状態で楽だった。テーマによっては、生徒たちの意見を聞きだしたり、発表に向けてまとめるのが大変だったらしい。

みんなが一様にするのは、
(1)飼い主に撫でてもいいか確認する
(2)手を握った形で甲を見せるようにして、犬の斜め下から差し出す
(3)手の甲を舐めたら手を開いてゆっくり優しく撫でる
(4)最後にお礼を言う

みんな完璧。
ただ、クルトは知らない人の手の甲をペロッと舐めたりしない。
それどころか初めての場所で落ち着かないから、顔をそむけて知らんふりしたりして、子供たちはその先のステップに進めない。そういう反応はいつものことなので、「初めての場所で不安なんだ。」とか、「恥ずかしがり屋さんだからゆっくり優しく撫でてね。」とか説明すると、子供たちも分かってくれた。

そして今時の子供たちはさすが。練習の時は集中力がなくてばらばらだったという他のグループも、どこもちゃんとそつなくこなしていた。私たちのグループでも、「どうしたらいいのかな?」とふると、1番しっかりしていた2年生の女の子は、上の(1)の時に、「可愛いワンちゃんですね」まで付け加えてまさに完璧な答え。。。
犬が大好きと嬉しそうにいうので、いつも声をかけて撫でているのかと思ったら、今までは声をかけられなかったと言う。何度も練習したから、次に犬連れの人を見たら声をかけられるかも。あるボランティアさん曰く、学校でAAEをすると、その近くを犬連れで散歩する時にやたらと撫でてもいいかと聞かれるようになるとか。犬好きでも動いたり近づいたりすると怖がって逃げてしまう子供たちが、最後は自分から撫でに近づいてきたし、犬との触れ合いは何かの形で子供たちの心に残ると思う。

プログラム終了後、昼食を食べながらミーティング。
何年ぶりの給食!? 今時の給食はメニューがすごくて、この日は北海道の郷土料理にちなんで、イカ飯、三色ごま和え、けんちん汁と牛乳。
珍しいメニューの日なんですとは言っていたけど。。。
で、今回から食事が出ている間は別室で待機ということになってしまい、クルトは他のボランティアさんが見ていてくれた。抱っこして立っていると大人しいのに、座ると逃げ出そうとするそうで、赤ちゃんみたいと・・・。ピーピー鳴く声が小さくてまだよかった。あわてて食べたから、せっかくのイカ飯を味わうゆとりもなかったよ。。。


今まで子供たち相手のAAEは、クルトの負担が大きすぎると思って敬遠していたけれど、今回の様子を見る限りでは大丈夫かも。ここは授業の一環としてかなり力を入れているらしいから、他ではまた違うかもしれないけれど。

そのまま近くにある大きな公園を散歩して帰ろうと思っていたら、ポツポツと雨が。
諦めて家に帰るとまだ雨は降っていなくて、ぎりぎり近所の散歩だけできた。

商店街を通って・・・
b0069169_0561620.jpg


住宅街を通って・・・
b0069169_0564726.jpg


沈丁花が咲いていた。
b0069169_057916.jpg

[PR]
by yumi-culto | 2009-03-13 23:59 | アニマルセラピー | Comments(4)

また忘れ物・・・

CAPPの訪問活動
ポカポカと暖かかったから、自転車で行くのも気分がいい。
クルトはかごの中でまったり。
b0069169_23374342.jpg


 * 参加者:獣医師1名、ボランティア6名
 * 参加した犬:6頭+見学1頭
(和犬MIX、Mダックス、シーズー、ポメラニアン、ボーダー、イタグレ)+(トイプー)

進行は・・・
犬を連れて利用者の輪の中を一周後、一人ずつ中央で犬の紹介。その後全員で利用者の輪の中に入り、個々に撫でたり抱っこしたりと触れ合ってもらう。
最後に一人ずつ輪の中で一芸披露。クルトは「ジャンプ」と「アップ」を披露。
その後1組ずつ利用者(代表1名)からご褒美のプレゼントをもらい、全員で輪の中を一周してから退場。全部で40分ほど。

◎ 開始前の検診で、獣医さんから「白髪が増えたねぇ」の一言。
クルトを小さい頃から見ているし、たくさんイタグレを見ているだけに変化にも敏感だ。。。

◎ 一芸披露はいつもの「ジャンプ」と「アップ」。
この施設では敷いている絨毯が広いので、気兼ねなくジャンプさせることができる。そして利用者さんの反応もいい。本当は「ハイタッチ」をしようと思っていたのだけれど、直前のペアとかぶってしまったので急きょ変更。その代りご褒美をもらう時に、渡してくれた利用者さんにハイタッチ。(一度で完璧にできなかったのはご愛敬・・・ということで。)

◎ 今回は6か月のトイプーが見学。ちょっとシャイなところがあるので、スリングに入ったまま、みんなの輪の後ろにずっといた。何回かこういう経験を積ませて、徐々に知らない人にも慣れていくように。もちろん最後のご褒美はちゃんと用意されてました。


ここの施設は、スタッフがとても熱心でフォローもきちんとしてくれる。だけれどここも来年度からのスキームにはついていけずに一年間活動休止になった。検討して一年後、再開もあり。
利用者さんたちがとても楽しみにしているのが伝わってくるので、できれば再開してほしい。
今回はボランティアに事前に知らされていたので、最後の一周はいつもよりも念入りにご挨拶した。

クルトのお土産にもらったボウロ。
またこの施設の人たちから、ご褒美としてもらえるといいね。
b0069169_075732.jpg


帰りはストレス発散に寄り道して散歩。
実は大失敗をして、また必須のリードを忘れてしまった!
前回忘れたのも自転車の時。荷物が多い時は気をつけないと。

で、今回膝かけはバッグの中に入っていたので、リードをヒップバッグのベルトで代用。
急に飛び出したり、後ずさりしなければ首から抜けることもなく、普通に活動できました。
こんな感じ。ナスカンを気にしなければ違和感もない???
b0069169_0143710.jpg


やっぱり変かな?以後気をつけます。。。
b0069169_0145943.jpg

[PR]
by yumi-culto | 2009-02-12 23:30 | アニマルセラピー | Comments(2)

CAPP活動とお散歩

クルトと一緒にJAHAのCAPP訪問活動。

 * 参加者:獣医師1名、ボランティア8名
 * 参加した犬:8頭
 (ゴールデン、ボーダー、Mダックス、シーズー2、ポメラニアン、柴犬、イタグレ)

進行は・・・
まずボランティアが一人ずつ輪の中で犬の紹介。
今回は冬にちなんで、それぞれの犬たちの冬の過ごし方をテーマに紹介しようということになり、イタグレは寒がり代表としてご挨拶。
その後全員で輪の中に入り、個々に撫でたり抱っこしたりと触れ合ってもらう。
それからそれぞれの犬たちの一芸披露。クルトは「ハイタッチ」を披露。
お誕生日の人がいたので、全員で輪の中に戻り、皆でお誕生日の歌を歌い(目の前で犬たち整列)、最後にもう一曲皆で歌を歌って終了。全部で40分弱。今日はとても早く感じた。

◎ ハイタッチは久しぶりだったから、一芸披露では私とだけ。気合が入りすぎると手でバンバン叩いてくるので、痛いかなと思って利用者さんにはしなかった。利用者さんとできるともっと楽しんでもらえるのだけど。また家で練習復活かな。

◎ 今回もひざ掛け代わりにスリングを使用。冬用をきちんとたためば厚さも十分。

◎ お誕生日の人への歌のプレゼント、今回は中央に並んだ犬たちがみんなお誕生日の人を向いて歌ったら、感激してくれた。クルトを抱っこした時、ものすごく犬好きだと話していた人だったから喜んでもらえてよかった。他の施設では、参加犬がお誕生日の時はその犬に皆で歌をプレゼントしたりもするらしい。次回はそれもアリということで。




活動終了後、クルトのストレス発散にと遊んでいたら、偶然ノノちゃんが!
ハイテンションでボールを追うノノちゃん。洋服も着ないで元気!
そしてこんなに高いジャンプを連続披露。10回以上続けて跳んでたと思う。すごい跳躍力。
クルトにこのハイパーさがあれば、ポッチャリしないんだろうなぁ・・・とうらやましくなった。
同じ兄妹なんだけど。。。
b0069169_1151123.jpg


仲良くオヤツの時間。
b0069169_11512585.jpg


優しいノノママはクルトにもおすそ分け。
ノノママ: はい、クルトもどーぞ。
ノノちゃん:ママ、それはワタシの・・・。ワタシにもっとちょーだい。
b0069169_11523029.jpg


その後ノノちゃんとお散歩。
買い物中のノノママを待っていると、男の子が恥ずかしそうに近づいては離れていった。
犬好きなのかな?と思っていたら、またやって来て、イタグレを飼っているという。
しかも抱えているバッグの中にいた。5ヶ月の女の子♡
シャイでご挨拶はできなかったけれど、そのうち他の犬にも慣れるよね。
家はちょっと離れているけれど、また会えるといいな。

この後思いがけず私とクルトに美味しいお土産をいただいてしまいました。
美味しくいただきました。ご馳走さまでした☆
[PR]
by yumi-culto | 2009-02-04 23:35 | アニマルセラピー | Comments(4)

ちょっとしんみりしたCAPP訪問活動

クルトと一緒にJAHAのCAPP訪問活動。
12月なので今回もクルトはサンタ姿で参加。

 * 参加者:獣医師1名、ボランティア4名
 * 参加した犬:5頭
    (シーズー、コーギー、Mダックス、ボーダーコリー、イタグレ)
 * 利用者:36名

進行は・・・
一列になって入場後、ボランティアが一人ずつ輪の中で犬の紹介。
その後全員で輪の中に入り、個々に撫でたり抱っこしたりと触れ合ってもらう。
そしてそれぞれの犬たちの一芸披露。クルトはいつもの「ジャンプ」「アップ」を披露。
最後にみんなで歌を歌い、終了。
人数に対して頭数が少なく、疲れを見せ出始めた犬もいたので、いつもよりも早めの終了。

◎ 今回も一芸披露のジャンプ以外はサンタ服を着せて参加。それほど嫌がらなかった。

◎ 中央のじゅうたんが小さいので、ジャンプをさせる場所をきちんと選ばないと。
むやみにジャンプさせるとじゅうたんの外に飛び出して危ない。待たせて体勢を整えてからコマンドで「ジャンプ」をさせるべきなのに、最近マテが甘くなっているので反省。最近トレーニングをまったくしていなかったから、たまには復習しなければ。それにそろそろ他のトリックも練習するといいかも。


終了後のミーティングで、こちらの施設では来年からCAPPを行わないことになったと発表があった。利用者さんにはとても好評らしいのだけれど、施設の方針もあるようで難しい。
こちらの施設には大型犬を飼っていた人が多く、犬好きな人が多いだけに活動終了はとても残念。クルトのことを「貴公子」と呼んで可愛がってくれた人や、短毛だから飼っていた犬に手触りがよく似ていると優しく撫でてくれた人たちもいた。今回、一人一人と触れ合う時間はなかったけれど、来年もまた来るつもりだったから、気軽に「また来ますね~。」とお別れしてしまった。そういうことならあの人たちに最後にちゃんとクルトを抱っこしてもらえばよかった。
今では3か所のデイケアセンターに通っているけれど、ここはクルトが初めてCAPP活動に参加した施設。最初は大勢の知らない人に囲まれて、精神的にも疲れて家に帰るとすぐに寝ていたのに、いつのまにか膝の上で寛げるようになって、CAPP活動が終わってもそれほど疲れがみられなくなった。ここでたくさんの人に可愛がってもらったおかげだと思ったら、ちょっとしんみりしてしまった。いつかまたあの人たちに会えるといいのに。

2005年9月14日、初めてクルトがCAPP活動をした日。
1才半のクルト。まだ白髪がなくて若い。。。
b0069169_16223854.jpg

[PR]
by yumi-culto | 2008-12-12 23:33 | アニマルセラピー | Comments(4)

CAPP活動中のクルト

以前のJAHAのCAPP訪問活動の時、生協のパルシステムのいぬ・ねこカタログの取材がありました。今までにもCAPP活動の取材協力は何度かしたことがあるけれど、今回は初めてカメラ付き。利用者さんの肖像権の問題で、撮影許可がおりにくいそうです。
特に認定犬とパートナーのペアを中心に写真を撮った他、活動中の雰囲気が分かるように私たちの様子も何枚か撮っていました。

そして先日その時の写真が送られてきたのがこれ。
(取材者とパルシステムに掲載許可をもらっています。)
b0069169_17431534.jpg

b0069169_17423524.jpg


1枚目なんて珍しく寝そべるほどリラックスしているし、2枚目も穏やかそうな表情。
CAPPに参加し始めた頃は、人の膝ではリラックスできずにすぐに私の膝に戻ってたのに。
普段は自分たちの様子を見ることはできないし、まして写真を撮ることもできないので、いい記念になって嬉しかったです。
[PR]
by yumi-culto | 2008-12-05 17:53 | アニマルセラピー | Comments(2)

CAPP活動とイタグレがたくさん

クルトと一緒にJAHAのCAPP訪問活動。
12月の訪問なので、今回はクリスマスにちなんだコスプレで参加(犬たちが)。

 * 参加者:獣医師1名、ボランティア9名、見学者2名
 * 参加した犬:9頭
    (ゴールデン、ボーダー、Mダックス2、シーズー、ポメラニアン2、イタグレ2)

進行は・・・
まずボランティアが一人ずつ輪の中で犬の紹介。
ここでは偶然同じ犬種がそろうので、同じ犬種は一緒に紹介。
その後全員で輪の中に入り、個々に撫でたり抱っこしたりと触れ合ってもらう。
そしてそれぞれの犬たちの一芸披露。クルトはドゥッガくんと一緒に「ターン」を披露。
その後全員で輪の中に戻り、歌を歌って終了。全部で40分ほど。

◎ 開始前のミーティングに遅刻してバタバタと慌しく参加。つい気分も慌しくなってしまった。

◎ クルトにはサンタ服を着せ、活動中ずっと着用。ファーをイタズラしたり、脱ごうとすることもなく、膝の上で落ち着いていた。施設スタッフが利用者さんの写真を撮っていたので、サンタ服が役立った。

◎ 一芸披露の時にドゥッガくんと遊びたがる。活動前にちゃんと挨拶できなかったせいもあるけど、一緒に遊ぶ機会が多くなる分、集中力を保つ努力もしないと。一芸披露は順番に中央に出てするか、一緒にやるなら並んで一緒にやる練習を重ねないと。

◎ いつものひざ掛け代わりにスリングを使用。クルトが落ち着いているなら、スリング生地でも十分マットとして使用できそう。

◎ 一芸披露ではなく、クイズ形式で利用者さんに参加してもらうという案が。同じ犬種、同じ被毛の色、などでグループ分けをして、犬たちに関する質問をする。元気な利用者の方が多いので、いいかも。



クリスマスコスチューム、会場では写真を撮れなかったけれどこんな感じ。
(去年と同じだけど。)次回もまた持参しよう~。
b0069169_1452920.jpg


終了後はクルトたちのストレス発散。
ドゥッガくん、アマルくんと遊んでいると、次々イタグレ達がやってきて、暗くなる頃には10頭!(でも人間は6人。)
カフェ休憩する前に、皆で記念撮影にチャレンジ。
なかなか10頭全部を収めることは難しかったけれど、これで全員写ってるかな?
b0069169_14555737.jpg

b0069169_14561891.jpg


写真撮影がちょうどいい時間つぶしになり、後はカフェで焼きたてアップルパイを食べながらイタグレ談義。楽しかった~。今回も有難うございました♡
b0069169_14575423.jpg


クルトも大勢の仲間とたくさん遊べて満足かな?
帰るなりベッドに直行だったもんね~。お疲れさま。
[PR]
by yumi-culto | 2008-12-03 23:33 | アニマルセラピー | Comments(6)

今週もCAPP活動

9月の最終週から週一でやってきたCAPPの訪問活動。3週目のこの施設で一区切り。
11月はお休みで、次回は12月。その先は来年のスケジュール待ち。
もう来年の話が出始めるなんて・・・。早い。

 * 参加者:獣医師1名、ボランティア6名、見学者2名
 * 参加した犬:6頭(和犬MIX、コーギー、トイプー、Mダックス、シーズー、イタグレ)
 * 利用者:36名

進行は・・・
犬を連れて利用者の輪の中を一周後、一人ずつ中央で犬の紹介。その後全員で利用者の輪の中に入り、個々に撫でたり抱っこしたりと触れ合ってもらう。
最後に一人ずつ輪の中で一芸披露をし、利用者(代表1名)から各犬にご褒美のプレゼント。
全員で輪の中を一周してから退場。全部で40分ほど。

◎ 一芸披露はいつもの「ジャンプ」と「アップ」。
みんなから見えるように、方向を変えて2回ずつ。今回も気合を入れて跳んでくれた。
敷かれている絨毯が広いので、気兼ねなくジャンプさせることができた。
一芸披露の直前にジャーキーをあげて動機付けたら気合十分でよく跳んだ。。。
「待って」のコマンドも強化しなくては。

◎ 一芸披露の前、すぐ横に他の犬たちがいたのにうっかりクルトにおやつをあげてしまった。
他のコの気が散るので、離れたところであげるべきだった。

◎ トリックを披露している犬の気が散らないように、一芸披露の最中は椅子の後ろや輪から離れた場所で待機した方がいいという意見あり。
この施設は場所が広いため近くで待機していたけれど、確かに集中力をそがないように配慮しなければ。

◎ 活動中にリードを放すのは厳禁。でも膝の上に乗せる時は首輪のすぐ近くを持ったり、その時々で持ち替えているうちに、つい手首に引っ掛けていた先の方が床に垂れてしまう。ベテランのボランティアさんから、ベルト通しにカラビナをつけておき、リードの端を引っ掛けておくと便利と教えてもらった。さっそくそうすると確かに楽。ただし短めのリードでは逆に危ないので注意すること。


ここの施設では、毎回利用者さんがご褒美を渡してくれる。本当はその場で喜んで食べる姿を見せられるといいのだけれど、トレーニング方法や食事管理等、オヤツをあげない方針のボランティアもいるので、飼い主が代わりに受け取ってお持ち帰りすることになった。そして代表で1ペアが一芸披露のトリを務めつつ、その場でいただくことに。

クルトのお土産にもらったボウロ。
途中でつぶしてごめんね。そしてもったいないとまだお預けしていてごめんね。
お土産だからと、職員の方たちがリボンをつけたりメッセージを入れてくれたり。
私が通っている施設はどれもやりやすい雰囲気だけれど、特にここは犬を飼っている職員が多くて慣れているのと、よりよい活動にするために協力体制ができているように思う。
b0069169_1524554.jpg


いいお天気だったので、寄り道してたっぷり遊ばせました。
と、言いたいところだけれど・・・
クルトは走るよりもミ○ズ探しに夢中で。また悪いクセが出てきてしまった。
[PR]
by yumi-culto | 2008-10-09 23:37 | アニマルセラピー | Comments(0)


【クルト:♂2004.3.29.生】 イタリアングレーハウンドのクルトと 一緒に 「犬のいる生活」 を楽しんでいます。クルト中心に日々の暮らしを気ままに書いています。


by yumi-culto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

フィラリア予防薬(HDU)
at 2013-05-17 23:36
河川敷散歩
at 2013-02-11 23:22
わんこのパン
at 2013-02-10 22:49
雨の日の訪問活動
at 2013-02-06 23:31
イタグレと鉄板焼き
at 2013-01-26 23:14

以前の記事

2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

カテゴリ

全体
つれづれ
トレーニング
アニマルセラピー
食べもの
犬用品
手作り
健康
旅行
ドッグラン
お出かけ

タグ

(153)
(133)
(124)
(63)
(47)
(24)
(22)
(18)
(15)
(12)
(9)

最新のコメント

オラスケさん 味なし焼..
by yumi-culto at 23:23
ワオ!みんな可愛いですね..
by オラスケ at 21:55
オラスケさん お久しぶ..
by yumi-culto at 23:56
お久しぶりです♪こひぃの..
by オラスケ at 22:51
TwinkleBoyさん..
by yumi-culto at 00:14
人様のことは言えませんが..
by TwinkleBoy at 17:20
*アルママ*さん さっ..
by yumi-culto at 11:17
yumi さん お..
by *アルママ* at 01:13
デュークままさん 一気..
by yumi-culto at 23:47
デュークままさん あり..
by yumi-culto at 23:41

フォロー中のブログ

No Reggae No...
Life is ・・・
carino vita
名 誉 と 遊 姫
ワンと私のイタリアンな日々
寄り合い所
Step by Step
イタリアン・グレーハウン...
わんぱくジュピター
Healing Life...
*ポキマガ* poqui...
ferme & miryuu
犬ばっかじゃん 第2章
ジーク☆ジーク☆ジーク!
Rosso Arietta
saku-ra色の日々
イタグレ ルビーの日記 ...

その他のリンク

検索

その他のジャンル

画像一覧