『フレンドの遺言状』(ワクチンの過剰接種問題)

b0069169_125919.jpg出かけられなくて本を読んだ中で、強く印象に残ったのが『フレンドの遺言状』(本村伸子著 文芸社)。
毎年打つ混合ワクチンが、ガンや甲状腺疾患、慢性疾患などの原因になっていると指摘されている。確かにペットの寿命は延びているけれど、ガンや皮膚炎、アレルギーなどで苦しむ話もよく聞く。健康で長生きするのは、今の時代でも難しいことのように思っていただけに、興味深く一気に読んでしまった。

本の大半はガンと闘ったフレンドの記録や、愛犬を失ってしまった家族の辛さが書かれている。そしてワクチンごとの効果や必要性なども詳しく書かれていて(著者は獣医さん)、例えば夏場のキャンプに必要なレプトスピラに対するワクチンは、接種しても免疫が2か月から半年しか持続しない。例年通りのタイミングで混合ワクチンを接種しても、いざキャンプに行く時には免疫が切れている場合もある。

ちなみにアメリカでは、既にワクチンの接種は3年に1回に切り替わりつつあるとか。
推奨していたのは、
 (1)最短でも3年ごとにワクチンを接種すること
 (2)追加接種の代わりに抗体価の検査を行い、下がっているワクチンのみ追加接種する
 (3)病気や老齢の個体は絶対に接種しない
 (4)周囲での流行を考慮し、感染状況に応じてワクチンを接種する

ワクチンに対する負担がこれほど大きいとは思わなかった。何となく毎年接種していれば安心、程度にしか思ってなかった。愛犬の健康を思ってのワクチンが逆効果にならないように、次のワクチンの接種時期や内容をきちんと考えておかないと。
[PR]
by yumi-culto | 2006-03-02 23:00 | 健康


【クルト:♂2004.3.29.生】 イタリアングレーハウンドのクルトと 一緒に 「犬のいる生活」 を楽しんでいます。クルト中心に日々の暮らしを気ままに書いています。


by yumi-culto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

フィラリア予防薬(HDU)
at 2013-05-17 23:36
河川敷散歩
at 2013-02-11 23:22
わんこのパン
at 2013-02-10 22:49
雨の日の訪問活動
at 2013-02-06 23:31
イタグレと鉄板焼き
at 2013-01-26 23:14

以前の記事

2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

カテゴリ

全体
つれづれ
トレーニング
アニマルセラピー
食べもの
犬用品
手作り
健康
旅行
ドッグラン
お出かけ

タグ

(153)
(133)
(124)
(63)
(47)
(24)
(22)
(18)
(15)
(12)
(9)

フォロー中のブログ

No Reggae No...
Life is ・・・
carino vita
名 誉 と 遊 姫
ワンと私のイタリアンな日々
寄り合い所
Step by Step
イタリアン・グレーハウン...
わんぱくジュピター
Healing Life...
*ポキマガ* poqui...
ferme & miryuu
犬ばっかじゃん 第2章
ジーク☆ジーク☆ジーク!
Rosso Arietta
saku-ra色の日々
イタグレ ルビーの日記 ...

その他のリンク

検索

その他のジャンル

画像一覧