CAPP訪問活動-見学

近くのデイケアセンターで、CAPPのアニマルセラピーが行われたので見学に行った。
まず30分前に集合してミーティング。動物嫌いの人等注意事項の確認をする。
今回の対象者は22名。参加した犬6頭、猫1頭。人間8名。
ゴールデン、ビズラ、コーギー、トイプー、ポメラニアン2頭と、洋猫MIX。
参加者はベテランが多く、人間だけの参加は見学者の私だけだった。

会場には滑りにくいように絨毯が敷かれ、その周りを対象者が椅子に座って並んでいる。
その中へ入り、大きさによって膝の上で抱っこされたり、横に座って撫でられたり。
ちょっとした芸を披露したり。
今回は動物好きの人が多く、大型犬がいいとか猫がいいとかのお呼びもかかる。
まんべんなく接することができるように、ハンドラーは輪の中を適当に移動していく。
途中で一部の犬たちの一芸披露。
そして40分の時間が過ぎ、退場。ミーティングを30~40分して終了した。

そこの施設が次に実施するのは5月。
もしクルトが参加するなら、それまでに健康診断と、参加基準を満たしている判定を
受けなくてはいけない。
訪問施設ごとにチームリーダー(たいてい獣医師)がいて、判定はその人が行う。
ここのリーダーは偶然かかりつけの病院の先生だったので、健康診断と同時に行う予定。

ただ、その前に考えておかないといけないことがある。
人間の方が多いから、一度にたくさんの人から撫でられたり、次々と抱っこされる。
慣れない動物にはかなりのストレスだと思う。

そういう状況でいかにリラックスさせるか。
例えば抱っこにはひざ掛けを用意するから、その上で普段アロママッサージをして
活動する時もほんの少しオイルをつけておくとか。
他の犬がいる状況に慣らすのは、スクールがいい機会になると思う。
オンとオフを区別するために、トレーニング中にバンダナを着けるといいかもしれない。
(活動中の犬・猫はCAPP指定のバンダナ着用。)

ストレスサインの把握も必要。これは本を読んだり、普段から観察するしかない。

ストレスサインが出た時の対処法。
今回の参加者は、途中で輪から外れて休憩したり、水を飲ませていた。
飽きた場合は、真ん中でボールキャッチの芸をさせてもいた。
ボールを対象者の人に投げてもらうと、お互いにいいかもしれない。

何より参加犬は、活動の前後にたっぷり運動させて、ガス抜きしていた。
午後開始なので、お昼を挟んでたくさん走らせてから行くのがいいと思う。

後は5月までにクルトがどのくらい落ち着いているか。
その時まだダメそうだったら、また次の機会に参加すればいい。くらいの気持ちでいよう。
[PR]
by yumi-culto | 2005-02-09 23:28 | アニマルセラピー


【クルト:♂2004.3.29.生】 イタリアングレーハウンドのクルトと 一緒に 「犬のいる生活」 を楽しんでいます。クルト中心に日々の暮らしを気ままに書いています。


by yumi-culto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

フィラリア予防薬(HDU)
at 2013-05-17 23:36
河川敷散歩
at 2013-02-11 23:22
わんこのパン
at 2013-02-10 22:49
雨の日の訪問活動
at 2013-02-06 23:31
イタグレと鉄板焼き
at 2013-01-26 23:14

以前の記事

2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

カテゴリ

全体
つれづれ
トレーニング
アニマルセラピー
食べもの
犬用品
手作り
健康
旅行
ドッグラン
お出かけ

タグ

(153)
(133)
(124)
(63)
(47)
(24)
(22)
(18)
(15)
(12)
(9)

フォロー中のブログ

No Reggae No...
Life is ・・・
carino vita
名 誉 と 遊 姫
ワンと私のイタリアンな日々
寄り合い所
Step by Step
イタリアン・グレーハウン...
わんぱくジュピター
Healing Life...
*ポキマガ* poqui...
ferme & miryuu
犬ばっかじゃん 第2章
ジーク☆ジーク☆ジーク!
Rosso Arietta
saku-ra色の日々
イタグレ ルビーの日記 ...

その他のリンク

検索

その他のジャンル

画像一覧