フォートレオンかレボリューションか

そろそろノミ・ダニ対策の季節がやって来た。
アニマルセラピーに参加するには定期的なノミ予防が必要で、毎年フォートレオンを使用している。
前回のミーティングの時、フロントラインの代わりにレボリューションを使用している人が複数いた。

レボリューションは、フィラリア、ノミ、ミミヒゼンダニに効果があり、マダニには効果がない。
セラメクチンの成分量により、レボリューション6%(犬猫用)と、レボリューション12%(犬用)がある。
フィラリア予防も併用できるので、例年通りのフォートレオン+モキシデックか、レボリューションのみか
ちょっと検討。
b0069169_1625833.jpg


皆がレボリューションに変えたきっかけは、フロントラインで体調を崩したから。
変えてから体調を崩していないので、レボリューションの方が身体に優しいのかなと思う。
効能が多いのと体内に吸収されるのが気になるけれど、農薬を使っている他の予防薬に比べたら
成分は優しい方なのかな。
フォートレオンの成分、ペルメトリンはネット検索をしていると「発がん性あり」なんて記載もあったりして
こちらも使うのを躊躇する。

フィラリア予防薬として考えた場合、こんな結果もあった。ただしソースは不明。
<2001.6~2004.9 のフィラリア予防薬による犬の死亡数の比較>
◇イベルメクチン系・・・50頭
◇ミルベマイシン系・・・59頭
◇モキシデックの錠剤・・・・0頭
◇モキシデック注射薬・・・・485頭
◇セラメクチン・・・・・・110頭

動物医薬品検査所の副作用情報データベースによると。
◇フロントライン・・・11件(うち犬6件、因果関係ありは3件):H16.8-H20.8
◇フォートレオン・・・1件(うち犬0件):H18.9
◇レボリューション・・・6件(うち犬0件):H18.8-H22.9
◇モキシデック錠・・・3件(うち犬3件、因果関係ありは3件):H14.5-H22.7

因果関係あり(または”ないとはいえない”)と判断されたケースは、舐めたり他の薬を併用していた。
滴下したところが気になって掻いた足を舐めるというのも危ないらしい。確かにそうだ。
ということは、被毛にとどまるフォートレオンも危険なのかも。だから犬用しかないのかもしれない。
一方で体内に入ってしまうレボリューションはどうなのか? フィラリア駆虫薬と考えれば当然のこと?
河川敷を散歩するのにマダニ効果がなくても平気なのか?

いろいろ考えると難しい。。。
もうちょっと悩みます。
[PR]
by yumi-culto | 2011-04-30 23:49 | 健康


【クルト:♂2004.3.29.生】 イタリアングレーハウンドのクルトと 一緒に 「犬のいる生活」 を楽しんでいます。クルト中心に日々の暮らしを気ままに書いています。


by yumi-culto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

フィラリア予防薬(HDU)
at 2013-05-17 23:36
河川敷散歩
at 2013-02-11 23:22
わんこのパン
at 2013-02-10 22:49
雨の日の訪問活動
at 2013-02-06 23:31
イタグレと鉄板焼き
at 2013-01-26 23:14

以前の記事

2013年 05月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
more...

カテゴリ

全体
つれづれ
トレーニング
アニマルセラピー
食べもの
犬用品
手作り
健康
旅行
ドッグラン
お出かけ

タグ

(153)
(133)
(124)
(63)
(47)
(24)
(22)
(18)
(15)
(12)
(9)

フォロー中のブログ

No Reggae No...
Life is ・・・
carino vita
名 誉 と 遊 姫
ワンと私のイタリアンな日々
寄り合い所
Step by Step
イタリアン・グレーハウン...
わんぱくジュピター
Healing Life...
*ポキマガ* poqui...
ferme & miryuu
犬ばっかじゃん 第2章
ジーク☆ジーク☆ジーク!
Rosso Arietta
saku-ra色の日々
イタグレ ルビーの日記 ...

その他のリンク

検索

その他のジャンル

画像一覧